2007年03月28日

耳の人の帰省 -寿司と眠気の帰宅編-

いよいよ帰省編もラストです。
今回も行きと同じように、暇な電車の中から書いてます。


とりあえず、今回悟ったこと。
無理に毎日書くのはやめよう!
なかなか疲れたよ、今回(´A`)
これからはネタをまとめて書くことにします。うん。



ってことで最終日。
ジブリのダチの家に泊まり、寝坊し、
心優しいH氏に自宅に送り届けてもらった後の話から。

帰り支度を整えて、またジブリのダチと共にH氏に拾ってもらいまた町をふらふら。
またスーパーでいろいろ買い込んでから、夜は寿司でも食いに行く予定だったので、
それまでの時間つぶしにH氏の家に向かいました。

その途中、俺はS氏も一緒に寿司食いにいかないかなぁ、と電話。
『今日帰るし、最後に寿司でも食わないかい?』と誘うと
『そんなの当たり前じゃないか』という大変心強い返事をもらいました。
いざという時に頼りになる男です(´ω`)

約束も取り付け、その後はH氏の家でぼけーっと遊んでました。
俺はH氏から勧められ、ひたすらPS2ゲーム『仮面ライダーカブト』のハードモードをやってました。

今まで、ダチが仮面ライダー系列のゲームをもっていたのでやってきましたが、
今回のカブトは難易度が今までのライダーゲームと比べて段違いな気がしました(´A`)
めちゃくちゃコンティニューしてやってたので、二人に爆笑されましたとさ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんなことをしたり、DVDとかを見てたりするとS氏到着。
よし寿司でも食い行っかー と3人で車のとこまで行くと……

S氏『悪い、なんか仕事場でタイムカード押し忘れたかもしれないから、先そっち行っていい?』

誘った時に思ったことを撤回。
こいつは、いざという時にやらかしてくれる奴でした ノ(´ω`)
まぁ、それが憎めないんですが(´ω`)y-~~

『時間潰しにちょうどいいから気にすんなー』と俺が乗り込むと、
『キンメダイ、キンメダイ』と、よほどキンメダイが食べたいらしいジブリのダチが隣に乗り込んできました。
キンメダイが寿司ネタになかったらどうするんだ、こいつは。
そもそも、今時期じゃないんじゃないかな?

そんな風に思いながら、S氏の走り屋的運転に恐怖しつつ、S氏の仕事場がある新潟市内へ。

これの走り屋的運転はどんなのかと言うと……
ほぼ減速なしでカーブを攻めたり、田舎の農道を120kmで飛ばして人をひきそうになったりする運転です。
人ひきそうになったのは、H氏の家を出発後すぐの出来事でした。

(人気のない直線の農道だから、やたら飛ばすS氏
ジブリのダチ『ちょっ!飛ばしすぎじゃねぇ!?』
俺『結構Sの運転に慣れた俺でも、これは恐いんだけど…』
(ここで見えないとこから人出現
H氏『うわっ、あぶな!』
俺『待てS、ちょっと落ち着いて減速しようぜ』
S氏『よし、落ち着く落ち着く。それにしてもひきそうだったなぁ』
ジブリのダチ『こいつの運転、ホント恐いな…』
俺『あれでドーンとかやられたら、俺たち今日帰れんから!』
H氏『いや、って言うか俺たち人生の終わりだよ』
俺『S、あれだ。この車に自爆スイッチとかつけた方がいいぞ』
S氏『あ、それいいかも』

こんな流れでした。
ホント、恐かったです。

そんなこんなで40分ほどかけ、S氏の職場に到着。
タイムカードはやはり押されてなかったようで、わざわざ戻ってきて正解でした。
よかったね、S氏(´ω`)

その後、来た道を引き返し給油とかをしてから、寿司屋へ。
まぁ、あんま高いとことかいけないので、かっぱ寿司へ。
食えればいいんです、食えれば。

ちなみにジブリのダチが食いたがっていたキンメダイはありませんでした。
残念だったね、ジブリの人(´ω`)
でも、あまり気にならないらしくいろいろ食ってましたが。



で、まぁ適当に食った後で駅まで送ってもらって解散。
ちょうど今、電車に乗ってる状態です。
ジブリのダチが『寝るな寝るな』って言ってるけど、正直眠いです('A`)





んー、とりあえずまぁ。
やっぱり新潟は風の匂いが全然違ったなぁ。
東京より、断然空気がうまかった(慣れてるせいかもしれないけど

あと、時間の進みがやたら遅く感じたね。
きっとヒマだっただけだけど(´ω`)
今度いくのは夏あたりになりそうです。

とりあえず、S氏もH氏もいろいろあんがとね(´ω`)ノ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yuu_minaro/51495866