2007年10月10日

空気読もうぜ

昨日珍しく仕事が24時までだった。
それにしても、平日のせいなのかお客がまったくこない。
店の2Fを担当しつつ、22時からきた同い年の女の子と
「ひまだねー」などと言いつつお茶をすすっていると、なぜか店長が出現。

コマンド?
 たたかう
 まほう
⇒どうぐ
   グラス
   まな板
  ⇒包丁
    そうび
   ⇒なげる
 にげる

さすがに投げません。装備はしてましたが。
「客がめずらしく少ないし、人こんないらないから(・∀・)カエレ」とか言われました。
あんなにヒマな日なら、開店〜閉店まで入りたかったわー

そんなこんなで昨日は23時頃に帰ってきて、だらだら。
会長とMHFやりながら、だらだら。



そうそう。
ぷにえもんの日記で[空気読み力テスト]とかいうのを見つけたからやってみた。


俺の評価はこんな感じ。
ちなみにこれやりたい方はココにどうぞ。

空気よめ






















空気読み力: 51(Aクラス/一般人)

 【空気読み力説明】
1)空気支配力
 「空気を読む」というよりは、自ら空気を作り出し、コントロールすることができる力。場の主導権を握ることができる。

2)人間洞察力
 部分的な会話や表情から、他人の考えや感情を読み取ることができる力。
 ホンネとタテマエが分離しており、言いにくいことをはっきり言わない日本では特に重要。

3)文脈把握力
 ある社会、集団、会話などの場で形成されている「コンテキスト(文脈)」を把握する力。

4)会話柔軟力
 必ずしも自分の本心とは異なっていても、相手に合わせたり、役割を演出することで柔軟に会話を運用することができる力。
 場の「和」を保ったり、「楽しさ」を演出するためにも重要。

5)TPO力
 TPOをわきまえた言動ができる力。
 TPOをわきまえず、他人に不快感や気まずさを与えるのもまた「空気読めない」と思われることがある。



だ、そうです。
空気支配力の少なさは、我ながら納得。
どっちかっていうと、相手の空気に溶け込もうとするだろうからなぁ、俺。
だって、支配したり主導権握るのってなかなか面倒ジャン(゚∀゚)

人間洞察力が少ないのはちょっと反省。
好意はよくわからないんだよね、俺。鈍感って言われます、さーせん(´・ω・`)



本当のところどうなのかは、よーわからんけど客商売だし、ちょっと意識してやってみることにしよう。
少なからずプラスになるだろうし、うん。

でも、場の空気を支配しようとは思わない。やっぱだるい(´ω`)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yuu_minaro/51759976
この記事へのコメント
36でBだった(゚____゚)
Posted by 柚木 at 2007年10月10日 16:20
24でBでした(゚w゚)
Posted by さわぬ at 2007年10月10日 23:23
これ、A〜Bが普通じゃないかなぁ。きっと。
自分自身、一般人レベルだったのがビックリだ。俺(´゚д゚`)


Posted by 耳の人 at 2007年10月11日 06:42