2011年07月05日

PC[Rewrite] レビュー

先日・・・ \(^o^)/ な人からメールが来ました。
っていうか、この人 何が終わってるんだろうね。
仕事もいいのやってるし、リア充だし、爆発しろ!www としかいえないんだけど。

何が終わってるのか、今度説明してください(´∀`)


で。
『レビューっぽいの書いてたけど、今まで見たいに点数制でやらんの?』
と、いうご意見メールが。

ああ、確かに・・・
あれ、どっちかというとレビューっぽいよね・・・
でもって、今までのレビューって点数つけてたね、俺・・・
1項目10点で、5項目 合計50点でやってたのを思い出した。

とりあえず、話を飲み込めてないところが多すぎたので
全キャラ2週目やり終えたし・・・
ちょうどいいから、レビューをしっかりやってみようかと思います。

まぁ、あくまで。
『Key作品全部プレイしてきた、信者のような耳さん』の意見。
ということで、生暖かく目を通していただければ幸いです。

(もちろん、この先はネタバレ多々あり)


では、寝起きで割としんどいんですが、
カレー食べながら今回も、5項目選んで採点してみることにします(´∀`)

今回、このレビューだけで分かるようにまとめてみるつもりなので
前回のレビューのような記事に書いたようなことも
ガンガン書いて文字数を稼いでレビューしていきます(´∀`)

そういえば・・・
なんだかんだで、こういうAVGのレビューは初めてだなぁ。
まぁ、最近はほぼやってないギャルゲーのレビューメインになると思うけど。



あ。そうそう・・・
いつも同じ形式でやっていくのですが、一応解説しておきますと

  耳さんのレビューは
    基本10点満点で考え、そこから気になった部分を減点・加点していく方式
  で採点していきます。





 1.ストーリー  7点
全体的に見れば、ここ数作のKeyとはまた色が違う作品。
[泣きゲー]に期待して、今作をやるとちょっとガッカリするかも?
少なからず[CLANNAD]ほどの泣ける要素の多さ、
[リトルバスターズ!]ほどの泣きの最大瞬間風速はない。
泣ける場所、イベントは確かにあるけど、
今回は『泣きゲーとして作られてない気がする』
[泣きゲー]をどこかで期待してた耳さんが、ちょっと違和感を感じたのは事実。

これは、今作にはシナリオライターとして、
多くのKey作品手がけてきた[麻枝准 氏]がシナリオを担当せず、
Keyからは[都乃河勇人 氏]、また外部から[田中ロミオ 氏][竜騎士07 氏]を
迎えた結果だと思っています。
このせいかは分かりませんが、今までのKey作品好きな方には
[都乃河勇人 氏]担当のシナリオが今までのKeyらしく、評価される傾向にあるようです。
全体のシナリオを見ると、賛否両論だとは思いますが
個人的には『新たな方向性を模索した結果』ということで評価してはいます。

また、人によっては感情移入が難しいシナリオ展開かもしれない。
耳さんは、非日常すぎる話に感情移入がしにくいタイプなのだが
まさしく今回がそれだった。
これも[CLANNAD][リトルバスターズ!]とは違うところだと思う。

同時に、今までのKey作品とは違い、専門用語や複雑な背景などがあり
『1回やって理解できる人』と『そうでない人』
それぞれで評価が異なると思われます。
耳さんは後者でした(´゚д゚`)

そういう点から、読み物(ノベル)ゲームとしては、すごく面白かった。
また、いろいろ考えさせられるところも多いかもしれない。
話のスケールの大きさ、複雑な背景など
『考えながら、物語を読み進めるのが好きな人』にはオススメできると思う。



 2.キャラクター  7点
見た目も特徴的なキャラが多く、
個性もあるので、かなり印象深く残っています。
個人的には、小鳥と静流がかなり印象深いです。
今までのKeyヒロインにはなかったような小鳥の口調、
あまりしゃべらないけど、表情豊かで、なんか和ませる静流。
この2人はかなり印象に残りました。

それ以上に印象に残ったのは男性陣。
立ち絵がない、ラーメン屋のゲンさんですら印象深いです。
ライバルの吉野、紳士すぎる江坂さん、いろいろチートすぎる咲夜。
[リトルバスターズ!]でも男キャラにはそれぞれ重要な役割がありましたが、
今作でもそれは引き続き、といったような感じでした。
むしろ、男キャラのことの方がいろいろ覚えてたり、印象に残るくらい。

ただ残念だったのは・・・
共通ルート中、或いは特定キャラでしか
ほぼ絡みがない立ち絵ありのキャラが多かったこと。
これはシナリオのほうにも書くべきだったのでしょうが
そのせいで、キャラ同士の繋がりなどが
薄く感じてしまうところがあったのは事実。

また逆に、シナリオによっては重要人物で、良く会話に参加するのに
立ち絵がないキャラも結構いました。
そこは残念だったかもしれないです。



 3.グラフィック  10点
様々な背景やCGがありますが、どれも綺麗だった・・・
AVGで、ここまでグラフィックに気を使うんだなぁ と関心。
今回、ギャラリーで背景も見れたりするので、
じっくりといろいろ見てみるとなかなか発見があります。

エンジンも今作から変更になりました。
そのせいか、必要スペックも上がりましたが、
かなり細かいところまで綺麗なグラフィックに変わったと思います。
タイトル画面の水面の揺らめきや反射も細かいなー と関心。
今までのKey作品にはなかったことだね。こういう細かい効果。

1stOPの動画も、今までよりだいぶ綺麗になってて、感動しました。
すげぇ、髪の動きまでしっかりつけるよ・・・ と(´∀`)
10点満点にした最大の理由が2ndOP。
流れるタイミングもあったんだけど、それ以上にアニメーションっていうのがふいたw
4月1日に、公式で公開されたから『エイプリルフールネタか!』
と当時は思ったけど、そんなことはなかったぜ!!
なんかCMでも使われてたしね、あのOP動画。
すげぇよ、金かけてるよ、[Rewrite]・・・



 4.音楽  9点
何より[Rewrite]で印象深かったのはBGMかもしれない
まぁ、耳さんがBGM大好き生物だから って理由もあるかもしれませんが。
今回の音楽担当は[折戸伸治 氏][麻枝准 氏][井内舞子 氏][細井聡司 氏][水月陵 氏]
耳さんが昔から大好きな水月さんが[リトルバスターズ!]に引き続き参加してるのがうれしい所。

キャラクター固有BGMから、ちょっとした日常のほのぼのBGM
シリアスなBGMや幻想的なBGMまで、高く評価できると思います。
ちなみに今回は全56曲でした。
OPテーマも2つあったり、EDテーマもいくつかあるのでなかなか聞きごたえがあります(´∀`)

残念だったのは[クドわふた〜]で音楽を担当した[清水準一 氏]が
今回も結構担当してると思いきや、いなかったところ・・・
クドわふで清水さんのBGMに惚れ込んだ耳さんは、ちょっとしょんぼり(´・ω・`)




 5.その他(ネタ・やりこみ要素・ミニゲームなど)  8点
 <ネタ>
ああ、おかしいw
なんか過去のKey作品の倍くらいは小ネタ入ってる気がする。
ちょいちょい小ネタ見つけるたびに、ニヤリとしてしまって楽しかった!

今まで、音声なしのPC版のときはネタ豊富だったのに
音声ありでコンシューマー版になると、ネタ削除されてたりしたのに
今回から音声ありなのに小ネタやりまくってて、楽しかった。
ルパンネタいくつかあったり、普通に[ガンキャノン]とか[ズサ]とか出てきて吹いたw
あと、ちょいちょい、おっぱいネタがある、ひどいw

 <やりこみ要素>
やりこみ要素は、今回はなかなか豊富。
メモリーという名の図鑑 みたいなものがあり、それのコンプリートとか。
サブイベントで出会った微妙な人物とかまで載るので、なかなか楽しい。
人物に関しては、もうちょっと解説文や、詳細情報が欲しかったかもしれない。
立ち絵あるなら、立ち絵も載せたりしてくれると良かったなぁ(´・ω・`)

後は、調査したネタとか、そういうのも載る。
全部集めるのには、大半のキャラを2週くらい必要かも?

 <ミニゲーム>
[リトルバスターズ!]のバトルランキングや、野球が楽しかったせいか
今回ミニゲームと呼べるようなものはほぼない。
地図ソフトでサブイベントを探し、発生させていく[マッピー]くらい?
むしろ、やりこみ要素にまとめられてるようなもの。
何かしらミニゲームらしい要素は欲しかったようにも思える。



と、いうことで・・・
総合評価は 41/50点

こうしてみると、わりと高めな評価だったと思う。
前回のレビューはマイナス評価ばっかり言ってたかもなぁ、と反省(´・ω・`)
でも、やっぱりね。
心のどこかで[泣きゲー]を期待してたせいか、物足りなさがあったのは事実・・・

にしても・・・
正直AVGのレビューは難しかった・・・
どう評価していいのか分からない。

むしろ、ストーリーを20点満点くらいにして
他30点を割り振るべきだっただろうか?
AVGのメイン項目って、ストーリー部分だし。



こうしてやってみると、結構気になるところあるので
そのうち、今更ではあるけど[リトルバスターズ!]もレビューしてみようと思います。
たぶんPS2/PSPの[リトルバスターズ!CE]のほうを。





締めのついでに、[Rewrite]2週目終わった感想をちょっとばかし。

とりあえず、咲夜は俺の嫁。
どの女キャラより、男キャラの咲夜に惹かれてならない・・・
能力がチートすぎるキャラって、あんまり好きにはならないんだけど
ちょっとね、かっこよすぎるだろ・・・

毎回毎回、おいしいとこ持って行きすぎて惚れた(´∀`)
強さだけじゃなく、出番とBGM演出、すべてがチートすぎるww


ゲームが、発売を中途半端に何度も延期すると期待が薄れるけど、
延期しまくると逆に期待しまくっちゃう。

耳さんが勝手に考えた[ポケモン金銀理論]と、
ここらへんは似てる。 と勝手に言っておくwww

少なからず、耳さんの[ポケモン金銀]への期待は、
度重なりすぎる延期で膨らみまくったんだ・・・!!

まぁうん。
何事も中途半端だと文句とかも出るけど、
とことんすごいと、納得せざるを得ないよね?



いやーしかし・・・
誰か、ちはやと咲夜コス、やってくれないかなぁ・・・

今後のコスイベとか夏コミとかにすげぇ期待。
併せられる人いたら、併せてみたいなぁ・・・

いけるかわからんけど!(´゚д゚`)
その前に衣装作ってくれ、誰か!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yuu_minaro/52843182
この記事へのコメント
さすがの仕事の速さw

なんだかんだ言ってたけど、わりと評価高いんだな
Posted by \(^o^)/ at 2011年07月05日 15:52
あ、これコメントし忘れてた。

べ、べつにリア充なんかじゃないんだからねっ!!////
Posted by \(^o^)/ at 2011年07月05日 19:02
|∀・)Rewrite買っちゃったんだZE
Posted by とある人 at 2011年07月06日 03:38
  >>おわてる人
リア充、おつ!!(# ^ω^)

やろうと決めたら、すぐさまやっちゃう耳さんだぜ!
なんだかんだで、いろいろ考え直したら
高評価になった。
泣けるところ少なくて、しょんぼりしてた分
ほんと、自分でも意外ww


  >>とある人
まじでか・・・!
ネタバレなんて見るんじゃない!!
さあ、今すぐ忘れてプレイするんだ!!
Posted by 耳の人 at 2011年07月09日 01:38